導入事例

Cisco:問題解決までの期間を70%短縮

「御社のアクションを進めるデータを用いれば常に先頭を維持することができます。」

ビジネス上の課題

Ciscoではどのような方法で急速に変化するビジネス環境の波に乗ることに成功しているかをKC Wu氏が解説しています。Ciscoはナンバーワンのネットワーク企業で、ナンバーワンのIT企業に変革することを目標に定めました。しかしそのためには、このグローバル経済において迅速に展開し、適合し、革新し、関連性を維持できる必要があります。

世界のあらゆる場所で消費は異なり、対応も異なります。場所によって法律や政策も異なります。これに対応するための何にでも合うソリューションはありません。Ciscoは既存のシステムを、簡単に改造しアップグレードできる1つの大規模サービスに変革する必要がありました。

ペガのソリューション

Wu氏によると、改革の肝は素早さと柔軟性です。サービス志向の取組みを行い、すべてをサービスとして捉え、Ciscoはぺガとともにビジネスルールに加えてビジネスプロセスマネジメントを自社のITインフラストラクチャー上に構築しました。現在までに、2つのプログラムがぺガを使ってうまく展開しています。

  • ITイネーブルメントプラットフォーム:すべての処理と規則が管理される集中管理リポジトリ付き
  • グローバルサービスサプライチェーン:新しく拡大する顧客とビジネスニーズのためにビジネス戦略において素早く変化へ対応

成果

Ciscoはペガのテクノロジーのお陰で、現在生産性、エクスペリエンス、成長、スピードという4つの面において提供できるようになりました。ペガのルールエンジンによりCiscoは、地域の政策、法律、顧客の好みに対応することで新規市場において成長できるようになりました。ぺガを使ってまた、Ciscoは次のことも経験しました。

  • どのような方法でもどのような場所でも関係のないプロセスとアプリケーションのシームレスなインテグレーション(および個別化)
  • 集中管理リポジトリ内にある規則でビジネスユーザーに、より素晴らしい満足を提供
  • ユーザーエクスペリエンスおよび製品ごとの生産性を向上

Ciscoは、整合性のあるガイダンスを提供するためにセンターオブエクセレンスを確立することと、予測可能なリアルタイムの活動可能な分析を探求することを計画しています。

関連する参考情報

  • Ciscoがペガを利用して世界トップクラスの顧客サービスを提供する様子をご覧ください。
  • Safeliteでは、どのようにして、オンプレミスのカスタマーエクスペリエンスの個別化を実現しているのでしょうか。

Pega Digital Process Automation

すべてが顧客中心、エンドツーエンドの自動化、そしてローコード開発だからです。

詳細を見る

Tags

  • Industry: Manufacturing & High Technology
  • Product Area: Operations
  • Challenge: Operational Excellence
  • Challenge: Workforce Optimization