導入事例

ヒースロー空港:リアルタイムの業務を改善

「空港のリアルタイムな業務を反映し得るツールセットが必要でした。」

ビジネス上の課題

大手空港運営会社のヒースロー(旧称BAA)にとって、空港業務のエンドツーエンドの監視と管理を可能にする「リアルタイムな」プログラムを開発することは大きな課題です。同社は、老朽化した特注システムを、旅客満足度を向上させ、EUの単一欧州スカイATMリサーチ(SESAR)規制へのコンプライアンスを可能にするインテリジェントオートメーションに交換する必要に迫られています。

ペガのソリューション

ヒースローは、PegasystemsをSESAR内の主要イニシアチブとして空港協調的意思決定(A-CDM)のプラットフォームに選びました。ペガの利用で、ヒースローはほんの9週間でプロジェクトの第1フェーズを完了しました。このソリューションは、航空機が着陸する正確な時間、使用されるゲート、荷物の積み降ろし量、給油時間、次の乗務員が搭乗する時間、次の航空機に旅客が搭乗するのに必要な時間、飛行機がゲートを離れる時間など、フライトのターンアラウンドに必要な業務のあらゆる要素を、可能な限り最短時間で自動的に作成して即座に調整します。

成果

  • 導入後、定時出発が68%から85%に上昇。
  • リソース改善計画により、ターミナル内の旅客処理能力が向上し、ターミナル全体の業務効率が向上しました。
  • 迅速な導入を支えているのは、ビジネス目標を直接把握し、ヒースローの要件に沿って機能を素早く構成できるペガの力です。

A-CDMは、ペガを装備する進行中の変革プログラムです。今後のフェーズでは、「縁石からゲートへ」の移動手段についても同等の機能が提供されることになる予定です。

関連する参考情報

  • Pega Live Data により、ユーザーは必要なアプリを構築するためのデータを素早く簡単に決定できます。

  • ペガの操作アプリケーションが御社のビジネスの発展と成長に応じて適合し変化する様子をお伝えします。

Pega Digital Process Automation

すべてが顧客中心、エンドツーエンドの自動化、そしてローコード開発だからです。
詳細を見る

Tags

  • Industry: Transportation
  • Product Area: Operations
  • Challenge: Operational Excellence