square-square
Outline Circle
square-square
Little Circle
circle-circle
Outline Circle

保険商品コンフィギュレーター

商品開発は、今日の保険市場において重要な差別化の手段となります。消費者の好みの変化にすばやく対応し、市場投入までの時間を短縮する能力は、企業業績に大きな影響を与えることがあります。ほとんどの保険契約管理システムが複雑で細分化されていることを考慮すると、商品内容をわずかに変更するだけでも膨大な作業になりえます。効果的な保険商品コンフィギュレーターは、キャリアが新商品を開発し、既存商品をすばやく最適に変更するのに役立ちます。

ホワイト・ペーパー

2015 年の第一四半期に Capgemini と Pegasystems は、消費者、社員および市民としての若い世代の態度と行動を理解するための調査を依頼しました。

ビデオ

Pega 7は、業務完了までの主なステップを定義するためのツールを提供します。

保険商品コンフィギュレーターのメリット

保険会社が商品を追加したり、変更したりするときに直面する最大のハードルの 1 つは、際限なく続く内部オペレーションを更新していかなければならないことです。新しい保険契約の内容に対応するためには、異なる多くの部門で単調な手続きを繰り返し行う必要があります。保険会社は、変更が行われるたびに複数のシステムに同じ更新を適用しなければなりません。代理店ポータルから保険金請求および請求処理まで、これらの変更のほとんどは手作業で行う必要があり、IT プロフェッショナルが多くの場合、この種の作業を延々と行うことになります。その結果、新商品をすばやく効率的に市場に投入することは困難になっています。

適切な保険商品コンフィギュレーターは、保険会社がすばやく普遍的に変更できるアジャイル型プロセス アプリケーションを開発するのに役立ちます。たとえば、保険商品コンフィギュレーターは、生命保険ソフトウェアプラットフォームの一部として、商品開発プロセスを時間のかかるボトルネックから、強みと競争差別化の源泉に転換することができます。保険商品コンフィギュレーターは損害保険ソフトウェア商業保険ソフトウェアプラットフォームの貴重なコンポーネントになることでしょう。

業務ユーザーによる舵取りを可能にする保険商品コンフィギュレーター

保険会社向けの Pega アプリケーションには、業務ユーザーが商品開発プロセスを進めるための直観的な保険商品コンフィギュレーターがあります。Pega のマーケットをリードする保険ソフトウェア保険の予測型アナリティクスを搭載しており、現在また将来の消費者のニーズやウォンツに対応する新商品のテスト、開発、展開を支援しています。

保険アプリケーションのための Pega の統合プラットフォームは業務サイロ間で情報の橋渡しを行い、組織全体で保険契約の変更の導入を簡単にするのに役立ちます。Pega のテクノロジーを活用する保険会社は、数か月または数年といった単位ではなく数週間または数日の単位で新商品を開発して部門間で統合することにより、時間とお金を節約できます。Pega の保険商品コンフィギュレーターは、保険会社が自社商品を差別化し、市場の変化に対応し、競争の一歩先を行くのに役立ちます。

Pegasystems の保険商品コンフィギュレーターの詳細をご覧ください