Skip to main content
close Search
Close search

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice

Center-outによる構築

スピードスケーラビリティの必要性を感じていますか? Center-out™アプローチでテクノロジーを構築すれば、これらを両立できます。また、よくある失敗も回避できます。

Center-outビジネスアーキテクチャを構築するための5つのステップ

ステップ1:頭を使うことから始める

ビジネスアーキテクチャはインテリジェンス(利用可能なすべてのチャネルで動作するAIとルール)から始まります。両者を連携することで、すべての会話がリアルタイムの顧客情報によって導かれます。また、ルールの一貫性が確保され、正確なアクションが推奨されます。

ステップ2:仕事を仕上げる

ここでインテリジェンスを行動に移します。くカスタマージャーニーのうち、特定の結果に結びつく部分であるmicrojourney™から始めます。途中でマイルストーンを定義するために逆算して作業を行います。そして、ケースマネジメント(ソフトウェアを使って仕事を管理、自動化、改善する方法)を追加することで、すべてのステップを確実にこなすことができます。

ステップ3:チャネルに結びつける

最適な働き方を定義したら、一貫性のある優れた体験を顧客に提供できるようにします。PegaのDigital Experience APIでは、フロントエンドのチャネルとバックエンドのロジックが同期されるため、サイロ化することはありません。変更が必要ですか? この技術はPegaまたはフロントエンドのスタックに組み込まれているため、動的に更新されます。コードを書き換える必要はありません。

ステップ4:システムに接続する

次に、バックエンドシステムに接続し、複雑化させることなく重要なデータを引き出します。Pegaのライブデータの仮想化レイヤーは、ソースにかかわらず必要なデータを自動的に取り込むため、プロセスを維持したままレガシーシステムをモダナイズできます。

ステップ5:拡大に備える

最後に、ビジネスとともに成長するのに十分な俊敏性と柔軟性を備えたアーキテクチャが必要です。レイヤーで変更を行うことで、顧客タイプ、ビジネスライン、地域などに応じてマイクロジャーニーを素早く適応させることができます。まずは、小規模から迅速に始めましょう。拡大は大規模かつ広範囲に行います。そして、常に将来を見据えて対応します。

目的をすばやく達成する。そして継続する。

Pegaの実績あるテクノロジーを使えば、迅速に成功を収めて長期的な変革を実現できます。