square-square
Outline Circle
square-square
Little Circle
circle-circle
Outline Circle

生命保険ソフトウェア

多くの生命保険会社は最近、業務プロセス更新の必要性を認識しはじめています。保険金請求管理のプロセスは、多くの場合、単調で不必要に繰り返される手作業で行き詰まっています。企業はボトルネックを特定し、システム全体を合理化するのに役立つ保険金請求管理ソリューションを求めています。適切な生命保険ソフトウェアがあれば、これらの問題を解決し、業務プロセス アプリケーションの全体的な効率性と効果性を改善することができます。

ホワイト・ペーパー

2015 年の第一四半期に Capgemini と Pegasystems は、消費者、社員および市民としての若い世代の態度と行動を理解するための調査を依頼しました。

電子ブック

常に向上するテクノロジーと絶えず増大する顧客の要求に対応することができますか?顧客関係管理 (CRM) の進化により、すばやく、より多くのことを達成できるようになります。

Pegasystems の生命保険ソフトウェア:複雑なプロセスをシンプルに

審査担当者は特定の保険金請求の関連情報を検索する際に、旧式のシステムを使って情報を掘り起こしながら、無数の時間を費やし、同時に厳しい規制のフレームワークを遵守するよう努めています 多くの場合、審査担当者は情報を何回かに分けて手動で記録する必要があります。この種のシステムは、「見せかけの仕事」とヒューマン エラーの増加でかなりの時間を浪費します。

Pega の生命保険ソフトウェアは、特定のケースに関連するすべての情報を完全に可視化しつつ、保険金請求管理プロセスを合理化して加速させます。Pega は多くの大手保険会社と協力し、最新鋭の保険金請求ソフトウェアでの保険金支払管理プロセスを自動化ししています。これにより、ストレート スルー プロセッシング (STP) レートが向上し、エラーや重複作業が減らし、コストを削減できます。

Pega の生命保険ソフトウェアでオートメーションを合理化

Pega 生命保険ソフトウェアは、エンド ツー エンドのオートメーションと保険金請求管理プロセスの最適化をサポートしています:

  • 個別のケースについては、Pega の保険金請求管理ソフトウェアを活用して複雑性を評価し、ケースを処理するのに最も適切なスキル レベルと経験を持つ審査担当者に自動的にルーティングされます。機微情報への専用アクセスは、システムで割り当てられたロールに基づいて審査担当者に付与することができます。単純なケースの処理については、ストレート スルー プロセッシング (STP) の候補となります。
  • 生命保険会社向けの Pega の顧客サービス ソリューションは、サービス担当者があらゆるチャネルで請求者とエンゲージメントを図り、顧客ニーズに対応しながら企業目標の達成を可能にします。保険金請求サービス プロセスのあらゆる段階で、カスタマイズされたフォームや通信内容を自動的に生成できます。Pega の生命保険ソフトウェアでは、プロセス全体でルールやガイドラインが自動的に施行されるため、確実にコンプライアンスやベストプラクティスを遵守することができます。
  • Pega を導入すると、保険マネージャーは保険金請求プロセスの最初から最後まで全体を監督できます。保険金請求の個別の事例については、サイクルのどの段階でも、検索して分析でき、保険金請求に関連する豊富な情報を、各ファイルですぐに利用できるようになります。その結果、システム全体の運用がスムーズになり、連絡ミスやエラーなどを削減できます。

Pega の生命保険ソフトウェアには、保険会社の保険契約管理システムをマーケットの変化する環境に最新の状態にするのに必要なすべてのツールが用意されています。また、新商品や福利厚生の開発に役立つダイナミックな保険商品コンフィギュレーターを含め、新規開拓のためのソリューション、さらに適切な見込客に、適切なタイミングで、適切なオファーを提供するのに役立つマーケティング ソリューションを提供しています。

Pegasystems の生命保険ソフトウェア ソリューションの詳細をご覧ください