Skip to main content
close Search
Close search

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice

Pega Agile Workbench:リアルタイムでの継続的コラボレーション

リアルタイムコラボレーションを推進

ぺガのプラットフォームはアプリ開発プロセス全体を通して事業とIT間でリアルタイムの、継続的な、本当にシームレスに自動化できる初のコード不要のアプリケーション開発プラットフォームです。アジャイルなワークベンチにより、ビジネスステークホルダーがアプリのまさに内側からフィードバックや要件を行い、自動的にフィードバックをユーザーストーリー、バグ、好きなプロジェクト管理ツールの要件のようなアジャイルなアーティファクトに置き換えることができます。

アジャイルな方法を適合することだけでは十分ではなく、要件を集めることは困難です。長期に渡る会議、話し合い、書類作成の繰り返し。リアルタイムの、インアプリアップデートとフィードバックの世界へようこそ。すべて業務および技術ユーザーが理解できるビジュアル言語とパラダイムを使っています。これは新しいやり方です。これはぺガのやり方です。

たったワンクリックで、ユーザーはフィードバックを提供でき、バグをオープンし、アプリケーション内でスクリーンショットやビデオ記録をを直接取り込んでアジャイルなユーザーストーリーを作成できます。

アジャイルなワークベンチで次のことができます。

継続的な共同作業を実現

  • 業務とIT間の解釈のギャップを埋める
  • アプリ開発へのPega Expressの視覚的な取り組みにより、事業に始めから最後まで確実に係ります。アジャイルなワークベンチを使って、弊社は開発プロセスを通して、業務とIT間のリアルタイムで継続的なフィードバックと共同作業が可能となりました。
  • 内蔵アプリから好みのプロジェクト管理ツールまでの本当にシームレスなフィードバックエクスペリエンスにより、さらに手を加える必要がありません。

フィードバック注記をアプリ内にピン留めし、ユーザーストーリー、フィードバック項目、またはバグに添付します。

オープンネスを受け止める

  • ビジネスフィードバックが、使用しているツールとアプリを介して自動的にシームレスに御社の開発チームに送られるので、不要なメールや会議を削減できます。
  • アジャイルなワークベンチが自動的にフィードバックをアジャイルスタジオか好きなサードパーティーのアジャイルプロジェクト管理ツールへと送信します。フィードバックは作業するITのバックエンドでユーザーストーリーに変えられます。1つのシステムから別のシステムへコンテンツを切り貼りするためにいつも費やされる貴重な時間を節約しましょう。
  • 当社のマーケットプレイスである

ぺガをお好みのプロジェクト管理システムと統合。

最低限の愛すべき製品を構築

  • ビジネスとITはアジャイルなワークベンチでより早く反復し最小限の愛すべき製品をお客様に90日以内にお届けします。
  • ビジネスはアプリケーション開発の各ステップに関係し、より高品質なアプリを短い時間で届けます。
  • 統計で実績が証明されています!Pega は、従来の開発方法に比べて変更速度は 8 倍速く (CapGemini 調査) 、製品を市場に投入するまでの時間は 50% 短縮されます (Pega プラットフォームに関する Forrester TEI 調査)。

関連する参考情報

ホワイトボードビデオ

ビジネス要件を直接的および視覚的に把握できることにより、業務部門とIT部門の連携方法が変わります。

CapGemini 調査

Capgemini による詳細な独立調査によれば、Pega 7 の方が Java Enterprise Edition (Java EE) に比べ、堅牢なビジネス アプリケーションを開発するのに 6.4 倍速いことが判明しました。

ホワイト・ペーパー

SAP ソフトウェアの可能性を最大限に引き出す方法を学び、組織が変化に適応するのに役立つインテリジェントな技術について調べましょう。

関連機能

アプリ開発

ノーコードにご興味がおありですか?お任せください。ペガのローコードアプリケーション開発は、従来のアプローチよりも迅速にアプリケーションを実現します。

関連機能

目的の直接把握(DCO)

大量の要件書を作成する代わりに、業務部門とIT部門は、必要なドキュメントを自動的に生成できる共有ビジュアルモデルを使用します。