Directly Capture Objectives (DCO):ビジネスの要件を視覚的に表現

ビジネス要件を直接的および視覚的に把握できることにより、業務部門とIT部門の連携方法が変わります。

ビジネスアプリケーション要件の収集は周知のとおり困難です。IT部門が業務の優先順位を整理して、多忙な業務部門の人から必要な詳細を得るのは簡単ではありません。また、企業経営者が600ページもの要件に関する書類に署名するのも大変です。概して、プロセスは労力を要し、ミーティングも多くなるため、「議事録は残ったが時間が失われた」という状況になります。業界の統計結果で70%のITシステムがビジネス要件に対応できていないというのもうなずけます。

改善策はあります。それはDirect Capture of Objectives (DCO)です。大量の要件書を作成する代わりに、業務部門とIT部門は、必要なドキュメントを自動的に生成できる共有ビジュアルモデルを使用します。

DCOは、アプリケーション提供の速度と精度の両方を大幅に改善します。また、エンタープライズプロジェクトにおける企業とのエンゲージメントの向上にも役立ちます。

関連する参考情報

ウェビナー

Pega の導入により、お客様は従来のアプローチでもわずかな時間で、ビジネス目的に応じた強力なアプリケーションを構築できます。

プレゼンテーション

DCO は、より適切かつ迅速なワークフロー ソリューションを実現するため、ビジネスとテクノロジーのコラボレーションを促進、強化するように設計されており、ビジネス プロセス モデル ソリューションの基礎を構築する要素の 1 つです。

Pega がお客様のビジネスに提供するソリューション