square-square
Outline Circle
square-square
Little Circle
circle-circle
Outline Circle

保健医療情報システム

医療機関には個人データにせよ公開データにせよ、かつてないほどの保健医療情報が集まっています。また、米国では医療費負担適正化法 (ACA) で電子カルテ (EHR) の普及が促進され、その傾向に拍車がかかっています。保健医療情報システムの管理者は、このデータを安全に保管する最善の方法を探さなければならないという課題に直面します。それでも、保健医療情報システムについてのより大きな課題は、持っているデータを運用化する、つまりデータを活用して健康に関する成果や関連するサービスを改善する点にあります。

ビデオ

Pega 7は、業務完了までの主なステップを定義するためのツールを提供します。

アナリストレポート

Pegasystems は、Pega 7 プラットフォームを展開することによって企業が期待できる投資の回収率 (ROI) を調べるため、Forrester Consulting 社に経済に与える影響の全容を調査するよう依頼しました。

米国の最大手医療保険のほとんどを含む多くの先進的なヘルスケア機関では、Pega のビジネス プロセス管理 (BPM) ソフトウェアを採用し、保健医療情報システムから業務上の大きな価値を引き出しています。 

保健医療情報システムの統合と運用化

Pega は異種データソースとシステムを統合して業務プロセスを自動化することで、運用コストを削減しながらパフォーマンスを向上させます。Pega では、従来の保健医療情報システムの「完全なリプレース (rip and replace)」は求められていません。むしろ、Pega BPM プラットフォームでは、既存のシステムを「包括して更新 (wrap and renew)」し、適切な情報を適切なスタッフに、適切なタイミングで提供する、統合ヘルスケア管理システムに一元化できます。

Pega のヘルスケア管理テクノロジーのコア機能には次が含まれます:

  • ダイナミック ケース マネジメント。顧客の問い合わせ、保険金請求、または長期間の介護など、関連するシステムやプロセス全体、ケースのサイクル全体でケースを完全に可視化し、管理できます。
  • ワークフロー オートメーション。ルールベースのルーティング、優先順位設定、エスカレーションが含まれます。
  • 予測型アナリティクス機能。医療機関は「ビッグデータ」からパーソナライズされた顧客サービスやオファーにインサイトを活用することができます。
  • 設定可能なビジネスルールに基づく、意思決定の自動化。可能な限りストレート スルー プロセッシングを導入します (顧客サービスの問い合わせまたは保険金請求など)。また、ストレート スルー プロセッシングを導入できない場合は、サービス担当者や医療機関に意思決定支援を提供します。
  • Pega Build for Change® テクノロジーでは、業務ユーザーがコーディングすることなく、重要な保健医療管理システムを設計し、導入できるようになっています。

Pega ソリューションによる保健医療情報システムの運用化

Pegasystems は、今日のヘルスケア機関の重要な課題を解決する目的で開発されたヘルスケア ソフトウェア システムを提供しています。Pega の ヘルスケア管理ソリューションでは、すべて Pega BPM プラットフォーム上で動作し、保健医療情報のレガシー システムとの標準ベースの統合をサポートすることで、既存のデータ リポジトリを最新型の業務プロセスに組み込めるようになっています。

Pega のヘルスケア ソフトウェア ソリューションには以下が含まれています:

  • 福利厚生および商品開発
  • 販売および登録
  • カスタマーサービス
  • マーケティングおよびリテンション
  • ケアマネジメント
  • 保険金請求処理
  • コンプライアンス
  • メディケアおよびメディケイド
  • 審査請求および苦情処理

Pega による保健医療情報システムの統合と運用化の詳細をご覧ください