Skip to main content
close Search
Close search

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice
Pega for Operations hero Pega for Operations hero

Smart Dispute for Issuers

あらゆるタイプの準拠した争議や請求処理の効率化は

「いつでも、どこでも、すべての電話に対応。顧客体験をしっかり管理できれば、すべてがうまくおさまります」。

エイドリアン・ホプキンス テクノロジー、最適化、ソリューション担当上級管理者

Pega Smart Dispute for Issuers についてもっと知る

Smart Dispute 1

STPを最適化するのは
誘導型請求処理

争議をインテリジェントに誘導できるため、銀行はすぐに請求処理を実施できます。レビューが必要な場合においてでも、誘導されたプロセスによって、処理コスト、償却費、そして Visa、MasterCard、American Express、ACH、およびその他PINネットワークのあらゆる支払いタイプに対するリスクを劇的に軽減できます。

Smart Dispute 2

あらゆるデバイスを取り込む
セルフサービスポータル

顧客は争議を始め、自分の望むチャネルで最初から最後まで争議を追跡できるようになります。ペガは、顧客、ネットワークルール、スキルレベル、そして金融政策に順応するインテリジェントなプロセスを使用し、経費を節減し、顧客満足度を向上させます。

支払い処理の最適化は
リアルタイム・ケースマネジメント

顧客が求めるエンドツーエンドエクスペリエンスを実現するためには、争議のような長期に渡るものに対してはケースマネジメントは極めて重要です。関連情報の追跡、未処理タスクの自動再割り当て、ステータスの可視化、フロントオフィスとバックオフィス間での活動の連携により、問題解決を図ります。

Smart Dispute screenshot 4

請求処理の切り替えは
ビルトイン・インダストリー・インターフェースで

信頼できるサードパーティとその商用データベースとのビルトインインターフェースによって、問題解決の時間を削減しながら、バックオフィスでの請求処理を解消します。Pega Automationを使用すると、支払い拒否を回避し、与信申請を確実に行なえるため、優れたカスタマーエクスペリエンスとコスト削減が実現できます。

Smart Dispute screenshot 5

調整管理を
自動化された経理ルールで

臨時/最終与信、未決、損金処理、再請求、支払い拒否処理を自動的に行う争議フローでの特定の処理過程における標準的な経理ステップは、その都度正確に規制や銀行の処理要件に従っています。

関連する参考情報

トルコ最大手の民間銀行のデジタル改革(英語)

Işbankは500以上のプロセスを最適化し、銀行全体で業務効率を30%以上向上

TD Bank preview card

導入事例

TD Visa:クレジットカードサービスエクセレンスの最適化により、解決速度を70%増加
ケーススタディをダウンロード