Skip to main content

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice

CCPA コンプライアンス:それは思っている以上に大変です

2020 年 1 月 1 日に施行されるカリフォルニア消費者プライバシー法 (CCPA) は、カリフォルニア州で事業を行うほぼすべての大企業に影響を及ぼします。顧客データのありかを把握していれば良いというような生易しいものではありません。

CCPA に備える

2020 年 1 月 1 日に施行予定のCCPA の影響は、顧客データのプライバシーと保護という成長分野の中で、次の目玉になるはずです。  
CCPA はコンプライアンスだけにとどまりません。これは顧客エンゲージメントの問題であり、売上に直接影響を与える可能性があります。そして GDPR の場合と同様、多数の企業が顧客の個人データを収集して管理する方法に関する戦略を急いで立案しています。全社的に展開できる戦略を立案することが、準備の鍵です。 

知っておくべきこと:

  • ユーザーについて実際に収集したデータを個人に開示するプロセスを確立する必要があります。そして、多くの場合、要求に応じて削除するプロセスもです。
  • ユーザーは個人データの写しを要求することができ、企業はそれを提供しなければなりません。
  • ユーザーはデータを第三者と共有することを禁止したり、共有する会社の種類を指定したりすることもできます。

そして他にもあります。つまり、個人のデータは自社のデータではなくユーザーのデータになります。そして、この影響は甚大です。

AI and improving the customer experience

記事

CCPA はすぐそこまできています:目を覚まして現実を直視しましょう

CCPA は 2020 年 1 月 1 日に正式に施行されます。ビジネス戦略に影響を与える重要な要素を理解しましょう。

詳細を表示

システムを管理するためのシステムで CCPA に対応しましょう。

CCPA では、エンドツーエンドのオーケストレーション、ダイナミックなプロセス、ガバナンス、そして監査が要求されます。企業が所有する既存のデータ インフラストラクチャーはすべて影響を受けます。接続されていないとしてもです。ゼロから始める余裕はないはずです。

問題は CCPA に対応するシステムがあるかではありません。システムを管理するシステムがあるか、です

Pega は、業界屈指のダイナミック ケースマネジメント、CCPA の重要な要件の実施についてエンドツーエンドで自動化、文書化、報告する機能を提供することで、お客様の企業が CCPA にすぐに対応できるようお手伝いします。

新しい自動化プロセスと古いシステムが連携するかどうか心配していますか?Pega の CCPA 向けソリューションには、すべてのシステムを簡単に接続して自動化をサポートする無制限のロボティック オートメーションが含まれます。そして API は必要ありません。

ホワイト・ペーパー

リスク、収益および報酬

EU の GDPR の事例から学びましょう。最も効果的な戦略により、企業が GDPR リスク対応および収益対応をどのように解決できるかについてご覧ください。

詳細を表示

リスク対応および収益対応 - 1 つのソリューションで実現

CCPA で顧客データの管理方法が影響を受けるだけではありません。売上に直接影響が及びます。2020 年 1 月 1 日より、個人は CCPA の権利を行使して個人情報を抹消できるようになります。企業は新たなデータの発見と売り上げの低下に直面するかもしれません。 

チームの生産性を上げる戦略のベースとなってきた顧客データ、顧客ライフサイクル価値 (CLV) に関する予測、プログラムを最適化する機能は、今後利用できなくなる可能性があります。データが失われるだけでなく、現在のマーケティングの効果も低減する可能性があります。

新しい戦略が必要です。Pega の統合プラットフォームを活用すると、同じ予算で、リスク管理、売上、マーケティング準備を実現できます。

CCPA という新たな機会を活用する

この機を逃してはなりません。CCPA をコンプライアンス上の厳しい課題として見るのではなく、顧客との信頼関係を構築する機会として CCPA を見て州法に準拠するブランドは、最大の成功を収めることができるでしょう。企業のインフラストラクチャーで適切なビジネス戦略と要件が設定されている場合、引き続き事業がサポートされ、カスタマー エンゲージメントが強化され、売上を増加させることができるでしょう。 

その戦略を実地に移すには、適切なパートナーが必要です。Pega の企業全体に拡張できる統合プラットフォームを活用することで、ビジネスの成功が支援されます。 

もちろん、適切なパートナーと連携する必要があるでしょう。Pega で企業の CCPA 対応を成功させる方法についてご覧いただけます。

GDPR

記事

CMSwire:カリフォルニア州のデータプライバシー法:GDPR プレイブックのページを入手

CCPA をまだよくご存知でない場合GDPR で顧客データ保護とプライバシーの新しい時代に乗り出した際に得られた教訓をご覧ください。

詳細を表示

関連する参考情報

リンク

これは米国が史上最大の影響を及ぼすプライバシー法となるかもしれません。CCPA 法のすべての重要な権利について学びましょう。

記事

CMSwire の特集記事を読み、CCPA への対応において GDPR 対応から参考にできる教訓を学びましょう。

記事

CMSwire の特集記事から CCPA 戦略の基本を学びましょう。

サービス

独自の戦略を策定するために優れたパートナーと提携。CCPA 準備の分析を手伝ってくれる優秀なコンサルティングパートナーをお探しですか?Pega の優れたパートナーをご紹介します。