Partnerships

ペガの本人確認 (KYC)

コンプライアンスを合理化して、売上までの時間を短縮します。

「ペガは、KYCリスクスコア、顧客のプロフィールを拡充する能力、追加のデューデリジェンスのサポート、顧客ライフサイクル管理(CLM)の能力で高得点を獲得しました。」
Pega KYC
でグローバルにコンプライアンスを管理

Pega KYC は Pega CLM と統合されているため、国や製品固有のルール (AML/CTF、FATCA、CRS、FINRA、MiFID II、EMIR、Dodd-Frank、IIROC、5th EU AMLD など) のコンプライアンスを管理し、リテールバンキング、資産管理、コマーシャルバンキング、制度金融の複数の商品や複数地域のクライアントのオンボーディングと保守を効率的に行います。

規制ルールのメンテナンスによる
規制への準拠

Pega の規制ルールは、SEC、OCC、FinCEN、CFTC、FINRA、HKMA、MAS、FCA、ESMA など主要な規制機関すべてにわたって深い知識を持つ弁護士、規制の専門家、および元政策立案者で構成されるグローバルチームにより、四半期ごとに更新されます。

すばやく対応する
自動修復

自動一括事例作成、ルーティング、エスカレーション、さらにルール変更の監査適合を通した振り返り機能を使用して、迅速に監査や規制上の結果に対応します。設定を通じて短時間でルールを更新し、コーディング不要のルール管理ポータルで新情報に迅速に対応します。

迅速なスケールアップによる
導入期間の短縮

ペガの実績のある導入手法、リスクベースのアプローチ、および事前設定された機能で、展開から利用まで迅速に行えます。サードパーティ製システム(たとえば、World-Check、Equifax、Markit、Clarientなど)への既存のコネクターや、8,000以上のすぐに利用できる規制ルールおよび事前設定済みのデータクルールを活用します。

スピーディーな収益化を可能にする複数地域、
複数商品対応オンボーディング

ルールベースのアプローチにより、複数の地域、事業分野、製品にわたってクライアントをオンボーディングできます。必要に応じて現地の規制要件を適用し、追加情報のみを収集します。

関連する参考情報

アナリストレポート

Chartis が二年連続して Pega KYC をカテゴリー リーダーに指名

Robotic Desktop Automation を KYC 修正に活用

記事

Pega KYC 国際規制アップデート

顧客事例

Pega KYC を使用してコンプライアンスを効率化し、売上までの時間を短縮する仕組みについて説明します。

IHS Markit

導入事例

IHS Markit:数千の銀行の KYC を緩和

グローバルな規制変更と CLM の転換に対応

Insurance preview card image

導入事例

グローバルなオンボーディングとデューデリジェンスの時間が70%削減

報道機関の反応

Pega CEO 兼創業者が CRM の影響力のあるリーダーとして評価

Pega が顧客オンボーディングのためにブロックチェーンの道筋を開く

Pegasystems は Chartis Research からクライアント ライフサイクル マネジメント賞を受賞

クライアントライフサイクルマネジメントおよび KYC 運用の転換における RegTech の役割

オンボーディング KYC アプリと RegTech の迅速な導入と革新のために銀行はローコード開発が必須

GDPR とオンボーディング:顧客ライフサイクル全体を通じた GDPR への準拠