メインコンテンツに飛ぶ

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice
toyota case study

ケーススタディ

トヨタがデジタル時代の品質を再定義

  • 各地域のワークフロー標準化を支援する強力なシステムを開発

  • 早期解決にかかる時間を300%短縮し、効率を高めてコンプライアンスリスクを低減

  • アジャイル手法を活用し、Pegaとのパートナーシップでデジタルトランスフォーメーションを実現

「なぜ私たちは変化しなければならないのでしょうか? 業界も競合他社も変化していて、消費者がより多くのものを求めているからです。」

Mylene Mayers(マイリーン・メイヤーズ) 北米トヨタ自動車, アフターセールス情報システム, 部門情報責任者

ビジネス上の課題

トヨタは61年前から北米で事業を展開しており、世界最高水準の設計、エンジニアリング、組立を行い、北米全土で約3,800万台の自動車とトラックを生産しています。 トヨタは最近、自動車メーカーからモビリティー企業に進化することを目指して、大規模なデジタルトランスフォーメーションプロジェクトに着手しました。

なぜトランスフォーメーションが必要なのでしょうか。 それは業界が変化しているからです。 トヨタは、テクノロジー企業や社外品を販売する競合他社との競争を続けています。 消費者からの要望も高まっています。スピードが、成功のための新しい切り札となっています。トヨタがリーディングカンパニーであり続けるためには、組織の再構成が必要なのです。 

デジタルトランスフォーメーションの一環として、トヨタは基幹システムに、刻々と変化するビジネス環境に対応するための拡張性と柔軟性を求めていました。

ソリューション

トヨタは、Pegaのソフトウェアを活用して品質情報管理システム(QIMS)を開発しました。 これは、トヨタの工場と供給拠点間のワークフローと品質に関する情報交換デベロッパーを管理するためのツールです。 このシステムは地域ごとに標準化されたワークフローに対応しており、ユーザーが事業環境の変化に応じてすばやく変更できるようになりました。 

このソフトウェアでは各ユーザーに異なるダッシュボードが表示されます。優先度の違いを示したタスク一覧やパフォーマンス実績など、業務に必要な情報が示されます。 ワークフローを強化することで、ユーザーによる問題解決の時間がさらに短縮されます。 視覚的な新しいダッシュボードを活用すると、主要な関係者が作業予定と納期を意識し、品質やプロセスの改善点に集中することができます。 

また、Pegaのエキスパートたちに監督、指導、支援を求めながら、アプリ開発をアジャイル方式に移行し、デジタルトランスフォーメーションを継続的に進めています。

結果

  • 早期解決にかかる時間を300%短縮。
  • エンジニアの効率を10%以上向上。
  • ワークフローの強化により、顧客の問題解決の時間を短縮。
  • コンプライアンスリスクを大幅に低減。

関連リソース

トヨタのデジタルトランスフォーメーションで品質向上を推進。

品質管理プロセスのトランスフォーメーション。

アナリストレポートをダウンロードできます。

Video

Digitize quality management from end to end

製造およびハイテク向け Pega

オペレーションを最適化し、優れたサービスを提供します。 詳細を見る

タグ

Industry: 製造 製品エリア: インテリジェントオートメーション 製品エリア: プラットフォーム 課題: オペレーショナルエクセレンス 課題: ビジネスアジリティ