業務の俊敏性が重要となる理由

比較的新しいプラクティスとはいえ、業務俊敏性プロセスとツールにより、組織は新しいレベルの収益性、生産性、および連携を達成できるようになります。

企業の準備度、スピード、透明性およびダイナミズム

Frost & Sullivan がグローバルに実施した 400 名を超える経営者を対象とした調査では、業務俊敏性の普及度、企業の目標設定および達成への影響、業績に対するインパクトについての判断を試みています。

レポートを読んで次について学んでください。

  • 業務俊敏性の導入により得られる成功体験
  • 業務俊敏性が組織の目標や競争優位性にもたらす積極的な変化
  • 俊敏性が促進する業務 IT 間の連携

Get the report, !firstname

Get the report

(all fields are required)

LinkedInを利用してこのフォームを入力

Opt Out

One moment while we prepare your request.

関連する参考情報

Ciscoがレガシー環境と求められる迅速性とを両立させた様子を学びましょう。

御社のビジネスを定義する要素を取り込むことで、共通のビジュアルモデルを通じて業務部門とIT部門の連携が可能になります。

Productivity Comparison Pega 7 vs Java

ホワイト・ペーパー

Capgemini による詳細な独立調査によれば、Pega 7 の方が Java Enterprise Edition (Java EE) に比べ、堅牢なビジネス アプリケーションを開発するのに 6.4 倍速いことが判明しました。

アジャイルソフトウェアを貴社に活用

正しい開発プラットフォームがいかにビジネスとテクノロジーのギャップを埋め、コラボレーションを強化してイノベーションを加速できるかをご覧ください。