Zum Hauptinhalt wechseln

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice

Pega、2022年Pegaパートナーイノベーションアワードの受賞者を発表

第10回アワードでは、パートナー企業が顧客に提案した最も戦略的なデジタルトランスフォーメーション施策を表彰

 

※当資料は、米国時間 2022 523日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です

ビジネスの複雑性を解消するソフトウェア会社、Pegasystems Inc.NASDAQ:PEGA)は、2022Pegaパートナーイノベーションアワードの受賞者を発表しました。本アワードは、AIを活用した意思決定とワークフローの自動化を実現するPegaのローコードプラットフォームを通じて、顧客に優れた成果をもたらしているPegaのパートナー企業を表彰するものです。

Pegaのグローバルエコシステムは、世界の大手企業の最重要課題を解決し、Pegaソリューションの機能を拡張するサービスやソリューションを提供する、業界最高レベルのパートナー企業で構成されています。Pegaソフトウェアとパートナーの豊富な経験・ベストプラクティスを活用し、お客様は優れたエンゲージメントとサポートで、画期的なデジタルトランスフォーメーションを短期間で実現しています。

Pegaのパートナーは、成長性とセールスエクセレンスに基づいて、データ重視型の「パートナーオブザイヤー」、「トレーニングパートナーオブザイヤー」、「ライジングスター」、「デリバリーエクセレンスパートナーオブザイヤー」4つのカテゴリーで表彰されました。Pegaパートナーは、Pegaソフトウェアを使用して差別化したソリューションの構築に基づいて、他に「インダストリーエクセレンス」と「クライアントイノベーション」2つのカテゴリーでも評価されました。今年の受賞者は以下のとおりです。 

 パートナーオブザイヤー

  • アクセンチュアは、エンドツーエンドの顧客変革、セールスエクセレンスとデリバリーエクセレンス、ソリューションイノベーションにおいて、世界最高レベルのエクセレンスと実績を上げた企業として評価されました。

トレーニングパートナーオブザイヤー

  • Revatureは、トレーニング、認定、就職支援プログラムにおけるグローバルなリーダーシップとエクセレンスが評価されました。

ライジングスター

  • Areteansは、アジア太平洋地域と日本における売上の大幅な伸び、Pegaの認定資格への投資、優れた納品実績が評価されました。
  • Atosは、欧州と中東におけるビジネスインパクトの拡大、両社の顧客に対してもたらした革新的な成果、Pegaに関する専門知識の高さが評価されました。
  • EYは、米州の複数のクライアントに対してビジネスインパクトを与え、成功に導くために行った多大な貢献が評価されました。

デリバリーエクセレンスパートナーオブザイヤー

  • Areteansは、Pegaに関する専門知識と顧客対応において実現した、デリバリーエクセレンスと高い成長が評価されました。

インダストリーエクセレンス

  • Capgeminiは、金融サービス業界において複数のクライアントのコンプライアンス要件とビジネス成長要件に対処したことが、エクセレンスとして評価されました。
  • EYは、公共部門において、失業・再就職支援サービスの管理方法と市民へのデジタル配信方法を再構築したことが、エクセレンスとして評価されました。 
  • Infosysは、は、コミュニケーション業界において、大手ワイヤレスサービスプロバイダーの顧客に対して、状況に応じてパーソナライズされた11のカスタマーエンゲージメントを実現し、カスタマーリテンションと売上を増加させたことが、エクセレンスとして評価されました。
  • TCSは、金融サービス業界において、英国の銀行でレガシーシステムをクラウドに統合し、エンドツーエンドの技術最適化と業務改革を実現したことが、エクセレンスとして評価されました。
  • Tech Mahindraは、製造業界において、Pegaが構築したAftEAZEソリューションを活用し、自動化、プロセスマイニング、コンテキストデータを使用して、保証およびアフターサービス費用の削減とプロセスの合理化を実現したことが、エクセレンスとして評価されました。
  • Virtusaは、医療およびライフサイエンス業界において、AIを活用した不服申し立て・苦情処理プロセスのデジタルトランスフォーメーションを実現し、成長の促進、顧客中心主義の強化、コンプライアンス要件のサポートに貢献したことが、エクセレンスとして評価されました。

クライアントイノベーション

  • アクセンチュアは、世界的な通信会社の消費者向けチャネルにおいて、リアルタイムでパーソナライズされた11のカスタマーエンゲージメントを提供し、カスタマーリテンションの改善と顧客生涯価値の増加による収益拡大を実現したことが評価されました。
  • Coforgeは、統合型マルチチャネルコールセンターソリューションで先を見越したカスタマーサービスを提供し、Pegaベースのソリューションが顧客体験を向上させ、複数の顧客に対して効率性を高めることができると実証したことが評価されました。
  • Cognizantは、Pegaのインテリジェントオートメーションソリューションを使用して、業界をリードするオンライン検索およびサービスプロバイダーの4000以上のグローバルデータセンターにおいて、ブレークフィックスをサポートするビジネスプロセスを自動化した功績が評価されました。
  • Sky Solutionsは、デジタルトランスフォーメーションのエクセレンスにより、複数の行政機関のユーザーエクスペリエンス向上を支援したことが評価されました。
  • Virtusaは、ソリューションの豊富さと専門知識への投資によって、複数の顧客の最新化とデジタルトランスフォーメーションを支援し、競争力を強化してきたことが評価されました。  
     

2022Pegaパートナーイノベーションアワードの受賞者は、PegaWorld iNspireで紹介されます。本イベントは、革新的な技術コンテンツを紹介する基調講演、分科会などが2時間半にわたって行われる、対話型のバーチャルイベントです。PegaWorld iNspireは、2つのタイムゾーンでライブ配信を予定しており、世界各国から視聴が可能です。字幕は、基調講演とイノベーションハブにおいて、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語でご利用いただけます。配信開始は524日午前9時(米国東部標準時)または525日午前10時(オーストラリア東部標準時)です。www.pega.com/ja/pegaworldに無料登録のうえ、ぜひご参加ください。

引用とコメント: 
Pegaのグローバルパートナーエコシステム責任者であるCarola Cazenaveは、次のように述べています。
「世界のトップ企業に変革をもたらすのはチームワークです。当社パートナーには、共通の顧客の成功をサポートするというPegaのコミットメントを共有していただいています。Pegaパートナーイノベーションアワード受賞者の皆様の一方ならぬご尽力を評価でき、心から嬉しく思っています。世界トップクラスのパートナーの存在は、
世界の一流企業が業務をスマート化し、体験を統一し、即時対応によって画期的な成果を上げるうえで欠かすことはできません」。


Pegasystemsについて
Pegaは、複雑なビジネスを解消するための革新的なソフトウェアを提供します。顧客の生涯価値の最大化、サービスの合理化、効率を高めるための顧客サービスのスマート化など、Pega は世界の主要ブランド企業が未来に向けて課題をすばやく解決するお手伝いをしています。Pegaのお客様は、リアルタイムAIとインテリジェントな自動化により、より適切な意思決定を行い、業務を遂行しています。Pegaは、急激な環境変化に先立って、拡張性のあるアーキテクチャとローコードプラットフォームを構築し、お客様企業・組織の未来に向けた変革を支援しています。詳細については、当社ウェブサイトpega.com/jaをご覧ください。
 

お問い合わせ先:
担当:マーケティング担当 桐生 綾子
ペガジャパン株式会社
e-mail: [email protected]
(03) 3221-2455

※すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します


Weiterempfehlen Share via x Über LinkedIn teilen Kopieren ...

Lisa Pintchman
VP, Corporate Communications
[email protected]
+1 617-866-6022

North America

Sean Audet
Director, Corporate Communications
[email protected]
+1 617-528-5230

Ilena Ryan
Sr. Manager, Public Relations
[email protected]
+1 617-866-6722

Europe

Joanna Richardson
Director, Corporate Communications
[email protected]
+44 (0) 118 9651 660

Jon Brigden
PR & Communications Manager
[email protected]
+44 (0) 118 9398 584

Weiterempfehlen Share via x Über LinkedIn teilen Kopieren ...