私たちと一緒にゼロから始めましょう

ペガのBuild for Change®の理念を具現化する主要なコンセプトと、ペガがデジタル時代におけるエンタープライズソフトウェアに関する新たな展望をどのような方法で確立するかをご確認ください。

ホワイトボード | 2:34

次善のアクション

ビッグデータと分析の真価は、あらゆる顧客対応で適切なメッセージ、適切な提案、および適切なレベルのサービスを提供して、優れたカスタマーエクスペリエンスと最大限の顧客価値の両方を実現することにあります。

ホワイトボード | 3:35

ロボティックオートメーションおよびインテリジェントテクノロジー

ペガのロボティックオートメーションおよびワークフォースインテリジェンススイートは、従業員の生産性の向上の妨げとなっている手動作業を見つけて自動化し、カスタマーエクスペリエンスに影響を及ぼし、処理コストを向上させることにより、組織にとっての価値を速やかに提供します。

ホワイトボード | 2:38

ケースライフサイクル管理

Pega 7は、エンドツーエンドのプロセスを設計するのではなく、業務遂行のための主要なステップを定義するツールを提供します。基本的には、より詳細なプロセスを結び付けるための構造を構築します。

ホワイトボード | 3:06

カスタマーエンゲージメントの新しい時代

ペガはいつでも利用可能なデジタルカスタマーブレーンをご提供し、マーケティング、セールス、サービスの連携を通じて、顧客の意識をまっすぐお客様のビジネスに向けさせることを可能にします。 このブレーンは、予測分析とAIによって時々刻々顧客のニーズを捉えるため、お客様は、顧客に対してリアルタイムで適切な提案ができます。 その結果、顧客の心を捉え、収益増加につながる真のエンゲージメントが生まれます。

ホワイトボード | 3:00

ペガのライブ・データ

Pega Live Dataを利用すれば、必要なアプリを構築するためのデータを迅速かつ簡単に定義して、実行しているアプリケーションでそのデータにアクセスできるようになります。それらは、すべて、データが実際にはどこに格納されており、どのような方法でアクセスされるのかということを気にしなくても実現できます。

ホワイトボード | 2:43

目的の直接把握

Pega 7を利用すれば、ルール、データモデル、UI、インテグレーション、レポート、組織体制といった、ビジネスを定義するポリシーとプロシージャをモデルに取り込むことができます。 Pega 7はコード生成を自動化します。 要件が変わった場合には、モデルに対する変更が速やかにシステムに反映されます。

ホワイトボード | 3:07

オムニチャネルユーザーエクスペリエンス

ペガのOmni-Channel UXは、すべてのチャネルにわたるユーザーエクスペリエンスの最適化と一貫性を実現します。 優れたインターフェイスを設計して、コードを使用せずに変更し、すべてのチャネルとデバイスにわたって自動的に展開されるようにすることができます。 お客様がチャネルを変更しても、顧客コンテキストが一元的に保存され、自動的に取得されます。

ホワイトボード | 2:54

Event Strategy Manager

ペガのEvent Strategy Managerは、顧客データストリームを価値あるビジネスディシジョンとアクションに変えるために必要なツールを提供します。 変更を速やかにテスト、シミュレーション、監視、および展開できるようになるので、戦略とアクションを即時に最適化するアジリティが実現されます。

ホワイトボード | 3:07

ペイドメディアとネクストベストアクション

ペイドキャンペーンは、多くの場合、顧客の状況に対応しているわけではない、極めて包括的な、商品を網羅するタイプの広告であり、顧客が既にもっている可能性のある商品が提示されるもの、つまり、顧客維持に重点を置くのではなく、アップセルを行おうとするものになります。 Pega Marketingは、そのような常識を変え、ターゲットを絞り込んだ、正確かつカスタマーセントリックな同一の戦略を他のすべてのタッチポイントにわたって適用しながらペイドキャンペーンを実施することを可能にします。

ホワイトボード | 3:26

インテリジェントガイドに基づく営業

従来のCRMおよびセールスフォースオートメーションシステムでは、これらの課題を克服することはできません。なぜならば、それらは、管理者を中心に考えた顧客記録管理システムに過ぎないからです。 次世代型の規範的分析を利用し、営業担当者に重点を置くことにより、Pega Sales Force Automationは、販売の量、価値、および迅速性を最適化し、営業担当者を管理作業の負担から解放します。

ホワイトボード | 2:33

Situational Layer Cake

Situational Layer Cake™ (SLC)アーキテクチャを利用すれば、ビジネスアプリケーションを差別化、特化、および再利用できるようになります。 パイロットプロジェクトをまたたく間にエンタープライズトランスフォーメーションプログラムへと成長させることができます。 速やかな再利用によって、価値提供までの期間を大幅に短縮して、変化する市場と規制の要求への対応を迅速化します。

ホワイトボード | 3:01

実現方法

インタラクティブな開発方法を採用しているため、顧客はビジネス上のメリットをすぐに自覚でき、プロジェクトのリスクが軽減し、さらにプロジェクト進捗の掌握能力が向上します。 ペガは2009年に開発環境をScrumに切り替え、すべての顧客の導入がこの迅速なアプローチに続くよう推奨しています。

ホワイトボード | 2:25

マッシュアップ

従来のサービスまたはAPIベースのアーキテクチャの場合、UXロジックをハードコーティングしてチャネルごとに別々に組み込むことになります。 その結果、プロセスの変更を複数の箇所で行わなければならなるので、一貫したカスタマーエクスペリエンスを実現するのはほぼ不可能です。 Pega UXをモバイルチャネルやWebチャネルに直接組み込むことにより、Pega 7のケースマネジメントのすべてのインテリジェンスと機能をそのまま顧客タッチポイントに取り込めます。

ホワイトボード | 3:07

クラウドに縛られないクラウドの活用

組織では、戦略的アプリケーションの展開方法と運用方法の柔軟化が求められています。 ビジネスの迅速化のため、デジタル改革の一環としてクラウドアーキテクチャに基づくソフトウェアが必要ですが、一種類のソリューションですべてのビジネスに対応することはできません。 Pega Cloudは、付加価値だけでなく、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、オールクラウドといった柔軟な選択肢も提供します。(英語)

ホワイトボード | 3:41

統合プラットフォーム

エンタープライズソフトウェアのプラットフォームは、そのほとんどが共通のポータルとブランディングの裏で異種の技術をつなぎ合わせた「フランケンスタックス」です。 一方、ぺガの統合プラットフォームは、業界最先端のケースマネジメント、BPM、ロボティックオートメーション、AI、そしてディシジョニング、モバイル、およびオムニチャネルUXを1つのエンジンで提供します。

ホワイトボード | 3:55

「T」方式

ペガは、「T」という独自の手法を利用して、多数の大規模組織における改革的な取り組みを成功に導く手助けをしています。 「T方式」は、大規模プログラムを、初期ケース管理の迅速な実施を始めとし、コマンド、および制御基盤層というように、迅速かつ増分的に展開できる小規模な機能に分けるのに役立ちます。 「T方式」は、組織が改革の道程の起点を見極め、ゴールまで道を外れないようにして、構想を実現するためのロードマップを提供します。