メインコンテンツに飛ぶ

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega.com is not optimized for Internet Explorer. For the optimal experience, please use:

Close Deprecation Notice

最新調査発表 -生成AIが、企業・組織における別の種類のAIの採用を促進

企業は幅広いAIツールを採用して生産性を向上させ、変革を推進していると示唆

※当資料は、米国時間 2024 610日に米国で発表されたプレスリリースの翻訳です

業界をリードするエンタープライズ向けAI意思決定・ワークフローの自動化プラットフォームのプロバイダー、Pegasystems Inc.NASDAQPEGA)の最新の調査により、「右脳型」の生成AIの急増をきっかけに、グローバル企業がより分析的な「左脳型」のAI意思決定ソリューションの採用をさらに促進していくようになったことが明らかになりました。調査会社、Savantaが実施した調査結果が、ラスベガスで開催された当社の年一回のコンファレンス、PegaWorld® iNspireで発表されました。世界中の企業でビジネスの意思決定を行う500名以上を対象に、AIに関する理解とAIの利用、およびAIを適切に実装する過程で経験する困難や機会について調査を行いました。

調査で、生成AIから直接的な影響を受けて別の種類のAIツールも採用するようになったと回答したのは95%、生成AIが意思決定において重要な役割を果たしていると回答したのは3分の1でした。また、AI技術(AI)の導入において主流となったのが生成AIであることも示され、生産性を高める創造的なパートナーとして生成AIが広く採用されていることが強調されました。

調査では、企業の意思決定者がどのようにAIを実装しているのかについて、人間の脳の2側面、つまり左脳と右脳の視点から考察しました。意思決定を行う、より合理的で分析的な側面を持つのが「左脳型」のAI、より創造的で生成的な側面を持つのが「右脳型」のAIです。その結果、今日企業で最も利用されているのは「右脳型」の生成AIであることがわかりました。回答者の約5分の243%)が、コンテンツ作成(61%)、保存されている膨大な情報の整理(54%)、会話型チャットボット(51%)などの創造的なタスクや生産性を高めるタスクに生成AIを主に利用していると回答しました。これに対して、3分の1未満(30%)が、予測分析(57%)や意思決定管理ツール(42%)などの「左脳型」のAI意思決定ソリューションを主に利用していることがわかりました。同じ数の「左脳型」のAIツールと「右脳型」のAIツールを利用しているのは25%にとどまりました。

その他の調査結果には以下が含まれます。

  • AIの予算は増加中、革新的な変化への期待も増大:今後5年間でさらにAIを利用する可能性が高いと回答したのは92%で、今後5年から10年でAIによって組織に革新的なビジネス価値がもたらされることを「非常に強く確信している」または「強く確信している」と回答したのは74%でした。短期的には、大部分(82%)が今後3年にわたって、増加した利益の最大で半分までをAIの利用に直接帰することができるようになると期待しています。しかし、ITの年度予算のうち最大で半分をAIソリューションに充てていると回答したのは85%です。適切な戦略の欠如により、予算支出の少なくとも一部に無駄があったと認めている回答者が77%を占めていることから、これらの投資が行われた過程や理由についてさらに慎重に確認しなければならないのは明らかです。
  • 企業のAIに対する理解の過大評価:大部分の回答者(93%)がAIAIの仕組みをよく理解していると回答しました。しかし、80%は、AIが企業で一般利用されるようになってから5年にも満たないと考えていました。10年以上利用されていると回答したのはわずか7%でしたが、実際にはAIの一般利用は1980年代に始まりました。生成AIが何かわからないと答えたのはわずか3%であったものの、約3分の265%)は生成AIの正確な定義を正しく認識できませんでした。約3分の261%)がAIの実装に失敗したと回答しましたが、その原因はこれらの数字から読み取れるかもしれません。
  • AIの信用について、入り混じる期待と不安:半数(47%)がAIに依存してブランドの成功を目指すことに懸念を示しており、51%AIの透明性とバイアスにも不安を抱いています。42%AIによって仕事が奪われることも心配しており、40%AIを活用したロボットによる人類の奴隷化の可能性も危惧しています。これらの懸念はありますが、大部分(62%)は、全体の結果が改善すると考えられる場合には部署の運営のすべてをAIに任せることをある程度信頼していると回答しました。一方で、顧客との関係構築は、AIの支援を受けるという条件付きで人間に任せたいと回答したのが41%、これに対して、AIを利用せずに人間だけに任せたいと回答したのはわずか15%でした。
  • 高まるAIスキルの需要:5分の120%)が、自分の組織にはAIのスキルと経験が不足していると考えており、4分の1以上(28%)が、企業内でAIをさらに利用していくにあたって、この不足が障壁になると答えています。しかし、どの応募者をチームに採用するかを考慮する際、AIスキルやAIの経験の有無を重視するという回答者は98%に上り、AIの知識を有する労働力の育成の重要性が高まっていることが伺えます。「プロンプトエンジニアリング」などの実践的なAIの経験が最も求められており(64%)、その次に求められているのがAI理論のエキスパートとAIの研究者(46%)です。採用活動において、AIのスキルや経験を積極的に考慮していないのはわずか5%です。

引用とコメント:

Pegaの最高テクノロジー責任者であるドン・シャーマンは、次のように述べています。
「生成AIは、AIの新たな熱狂の波を巻き起こしている旗手です。そのため、非常に多くの企業が、他の種類のAIの探究や、創造性とイノベーションの一層の発展を促進させるものとして生成AIを利用しているのは当然のことです。今後数年間で、さまざまな種類のAI技術の発展がさらに加速していくだけでなく、それらの採用も一層拡大していくことでしょう。この潮流に乗るために、組織はAIプロジェクトの成功に必要なスキル、専門知識、理解を確保しなければなりません。今後数年間で、単にAIの生産性ツールを採用するだけでなく、AIと連携して、自分たちと顧客の両方に最良の結果をもたらすようなイノベーションを推進していく企業がますます増えていくと予想しています」

調査について
Pegaは、世界中でビジネスの意思決定を行う500名以上を対象に、AIソリューションの実装に関する見解、理解、計画と、AIソリューションについて経験する課題や機会について調査を実施しました。これには、米国、英国、フランス、オーストラリア、ドイツからの回答が含まれています。

調査方法
Pega10の記述を用意し、企業で一般利用されている「左脳型」と「右脳型」のAIテクノロジーと関連するカテゴリーにそれらを均等に分類しました。これらの記述は参加者に無作為に表示され、参加者は自分の企業が採用しているAIに最も合う記述を選択しました。各参加者が選択した「左脳型」と「右脳型」の記述の数から数値が割り出されました。「左脳型」と「右脳型」のカテゴリーの記述を同じ数だけ選択した参加者は「中脳型」と分類されました。「左脳型」のテクノロジーをより多く選択した参加者は「左脳型」、「右脳型」のテクノロジーをより多く選択した参加者は「右脳型」と分類されました。

参考リソース
AIイノベーションのパワーを活用する方法の詳細はこちらのリンクからご確認ください。
https://www.pega.com/ja/ai-innovation

PegaAIテクノロジーで不可能を可能にする方法はこちらのリンクからご確認ください。
https://www.pega.com/ja/unleash-impossible-outcomes


Pegasystemsについて
Pegaは、リアルタイムでの最適化により、世界有数の企業・組織に無限大の変革の可能性を与える強力なローコードプラットフォームを提供しています。当社のお客様は、PegaAIを活用した意思決定とワークフローの自動化により、エンゲージメントのパーソナライズからサービスの自動化、オペレーションのシンプル化まで、喫緊のビジネス課題を解決しています。当社は1983年の設立以来、拡張性と柔軟性に優れたアーキテクチャにより、お客様企業・組織が今日の顧客ニーズに応えながら将来に備えて継続的に変革できるように支援し続けています。Pegaがどのようにお客様のBuild for Change®の実現を支援しているかについてはwww.pega.com/ja/をご覧ください。

 

プレス連絡先:
Jon Brigden
Pegasystems 
[email protected]                                                                                                       
Twitter@pega  

国内お問合せ先:
担当:マーケティングPR担当  桐生 綾子
ペガジャパン株式会社        
e-mail: [email protected]
 

すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。


シェアする Share via x LinkedInで共有 コピー中です...

Lisa Pintchman
VP, Corporate Communications
[email protected]
+1 617-866-6022

North America

Sean Audet
Director, Corporate Communications
[email protected]
+1 617-528-5230

Ilena Ryan
Sr. Manager, Public Relations
[email protected]
+1 617-866-6722

Europe

Joanna Richardson
Director, Corporate Communications
[email protected]
+44 (0) 118 9651 660

Jon Brigden
PR & Communications Manager
[email protected]
+44 (0) 118 9398 584

シェアする Share via x LinkedInで共有 コピー中です...