AIに対する消費者の本音:グローバルスタディ

最新のグローバルスタディによれば、消費者は、人工知能(AI)のメリットについて楽観的である一方、今日、AIを用いた企業の自分たちへの接し方に不安や戸惑いを覚えると答えている人もいます。

レポートの注目点: | 1:00

企業がカスタマーエンゲージメントを再構築するためのヒント

AIが、消費者のビジネスとの関わり方を含め、日々の生活を変えつつあります。 AIは企業にも消費者にも多大な恩恵をもたらしますが、消費者にAIを最大限に活用する快適さを実感してもらうためには、彼らの教育や感情の面でクリアすべきハードルがあります。  6カ国6,000人の消費者を対象としたアンケート調査では、AIをどれだけ理解しているか、AIとどのように接しているか、そしてAIをどれだけ受け容れているかについて、大きなばらつきがあることが示されています。

レポートをダウンロードして以下のことをお確かめください。

  • AIとの接し方に関する消費者の誤解と不安
  • 消費者がAIを使用することに現在価値を認めている分野・今後価値を認めるであろう分野
  • AIによってカスタマーエンゲージメントをどのように変えることができるか

レポート全体を見る

関連する参考情報

Infographic
ペガの消費者に関する世界規模の調査「AIに対する消費者の本音」の要点については、このインフォグラフィックをご覧ください。
eBook
カスタマーエンゲージメントには「いつでも使える」ブレーンが必要です。
Whitepaper
顧客の期待とカスタマーエクスペリエンスとのギャップを埋める方法をガートナーが公開しています。