Pega Workforce Intelligence

products-platform
従業員の潜在能力の解放
Pega Workforce Intelligence

追跡

従業員の日常業務に関するデータを利用します。デジタルディストラクションや回避策などの追跡困難な活動を明らかにします。

発見

人、プロセス、テクノロジーに関するインテリジェンスによって、従業員がどのように働き、どのようなアプリケーションが役立ち、どの分野がプロセス改善の時期を迎えているのかを理解できるようになります。

影響

分析情報だけでなく、推奨事項も提供されます。AIを活用して、生産性、業績、技術に応じて実施計画を常に最適化しながら、速やかに価値を創造できるようになります。
 

作業場所にとらわれない従業員管理

従業員が時間をどのように利用するかは、企業の収益に大幅な影響を及ぼします。どの分野が組織の最大の弱点であるかを分析しましょう。Opportunity Finder Analysisを利用すれば、生産性ギャップがある部分を確認して、軌道修正することができるようになります。
 

アプリケーションの有効性の追跡

Wait Time Analysisで、使用中のアプリケーションとそれらのパフォーマンスを確認することができます。それだけでなく、従業員がそれらのアプリケーションをどの程度有効に利用しているかを確認することもできます。チームのアプリケーション使用状況が非効率的である場合に、あちこち調べる必要はありません。

<span class="not-mobile" style="margin-top: 5%, margin-bottom: 5%;"> </span>

新しい作業経路の発見

業務を遂行するために使用されているアプリケーションパスがわからないのに、どのようにして改善や自動化の対象がわかるというのでしょうか?ペガのPath Visualizerでは、膨大な時間のデスクトップデータを利用してそれらのパスが表示されるので、事業への影響を促進する業務に専念することができます。

<span class="not-mobile" style="margin-top: 5%, margin-bottom: 5%;"> </span>

情報に基づく業績のコーチング

チームのメンバーには、特定の時点におけるコーチングではなく、継続的なコーチングが必要です。データを利用して、各人の業績を調べ、状況に応じた個別レベルでのフィードバックを提供および調整して、従業員の適宜の成長を助けることができます。

"We've been able to find inefficiencies in what we're doing and shining a light on it… We call it 'Tracking the untrackables’."

Robin Gomez, Director of Operational Excellence, Radial

製品のその他の特長

Pega Workforce Intelligenceは、ロボティックオートメーションとAIを使用して、営業担当者とサービス担当者がどのように業務を行い、アプリケーションとプロセスがそれらの担当者にどのような機能を提供しているかを認識します。それらの分析とCRMの業績データを組み合わせることで、表面化されていない非効率性を明らかにするだけでなく、そのような非効率性が営業員の業績とカスタマーエクスペリエンスにどういった直接的影響を与えているかを確認できるようになります。

ECM Taxonomy Terms: 
Platform
Future of work