Pega 7 for Operations(操作)

products-operations
簡素化と自動化により、コストを削減し、アジリティを改善
Pega 7 for Operations(操作)

効率性

ペガは、作業プロセスの自動化、手作業におけるガイダンスの提供、業務のすべての側面での可視性の実現を通じて、生産性を最大75%改善します

コンプライアンス

所定の手続き、時間枠、監査可能性、ドキュメントの自動作成、報告などについての規則と規制に対するコンプライアンスを確保します。

アジリティ

Javaを利用して、運用アプリケーションおよびビジネスプロセス管理アプリケーションを6.4倍の速さで構築し、それらを8倍の速さで変更することができます。

業務効率の改善

ケースマネジメントを利用して、業務の品質、信頼性、速度、およびコストを改善し、ビジネスサイロおよびシステムサイロにまたがって複雑な業務をオーケストレーションします。 業務をインテリジェントに自動化し、基本情報を利用してナレッジワーカーにガイダンスを提供し、業務をそのライフサイクル全体を通じて追跡してエンドツーエンドでの可視性と制御を実現します。

サービスレベルの向上

SLAに沿った管理によって顧客、パートナー、および従業員に対する確約を守り、業務、アラート、ならびにエスカレーションが適切な人材に適切な時に割り当てられるようにします。 連携業務の依存性を管理する、顧客階層に応じて業務の優先順位を決定する、SLAが処罰の対象となる可能性を予測して自動的にエスカレーションするといったことが可能になります。

規制に対するコンプライアンスの確保

所定の業務プロセス、手続き、時間枠、監査可能性、ドキュメントの自動作成、報告などについての規則と規制に対するコンプライアンスを確保します。

業務改革の促進

Pega 7を利用すれば、ペガが「要件の取り込み」と呼んでいる連携的なアプリケーション開発プロセスと、展開したアプリケーションを繰り返し改善する能力の両方をサポートして、比類のないビジネスアジリティを実現できます。

製品のその他の特長

ビルトインのビジネスプロセスマネジメントとケースマネジメントは、お客様が求める成果とエンドツーエンドのカスタマーエクスペリエンスを提供するビジネスアプリケーションの速やかな構築に役立ちます。 ペガがBPMおよびケースマネジメントにおけるリーダー企業としての地位を維持している理由を確認してみてください。
適切で一貫した対応を適切なタイミングで行うことにより、最大限の価値を提供します。 継続的な自己学習によってディシジョンが適応するものとなるようにして、あらゆるチャネルで個別化された対応が常に適切に行われるようにします。 単一のディシジョン権限を利用して、一貫したエクスペリエンスが提供されるようにディシジョンを統一します。
Pega 7プラットフォームを利用して開発されたアプリケーションは、追加作業を一切必要とせずに、各種のデバイスを自動的にサポートします。 オフラインアクセスやプッシュ通知などの高度なネイティブモバイルデバイス機能でも、Designer Studioから直接有効にすることができます。
DCOは、アプリケーション提供の速度と精度の両方を大幅に改善します。また、エンタープライズプロジェクトにおける企業とのエンゲージメントの向上にも役立ちます。
ECM Taxonomy Terms: 
Operations
Operations