Pega Self-Service Advisor

コンテキスト対応のデジタルセルフサービスを既存のWebサイトとモバイルサイトに導入

顧客が企業のサイトを諦める前にアピールしたいものです。必ず、可能な限り簡単に顧客が不明点に対する回答を得られるようにして、コンタクトセンターへの問い合わせをしなくても済むようにしてください。顧客は、必要な情報をWebサイトで見つけられなければ、そこを離れることになります。

ペガは、そのようなエクスペリエンスは顧客離れを招くのに十分な要素であると考えています。Pega Self-Service Advisorでは、ペガの実績あるAIエンジンを利用して、顧客の過去の対応履歴と現在のサイト間の移動を分析することで、顧客が必要とする情報とエクスペリエンスを浮き彫りにします。顧客は、最初に、顧客が任意のページで「ヘルプ」ボタンをクリックするだけで、カスタマイズされたリンクと該当する可能性がある対応策が表示される動的画面にアクセスすることができます。この体験は顧客を包み込んで逃しません。

  • 即時インサイトの呼び出し: 知識管理の記事から FAQ、説明ビデオ、コミュニティ メッセージボードなどまで、サイトの分散したページからコンテキスト情報を集めます。
  • 操作支援: 顧客は同じ画面で情報を閲覧し、請求書の支払い、ステータスの確認、注文の変更などのすべての操作を即座に実行できます。
  • コンテキスト情報を失わずにチャネルを切り替え: 何らかの理由でユーザーのニーズがリアルタイムに満たされない場合、Self-Service Advisor には、コンテキスト情報を失わずにチャネルをシームレスにチャット、電話、その他のチャネルに切り替える機能があります。
  • デジタル体験を簡単に活性化: Pega Self-Service Advisor のインストール プロセスは、非侵襲的で簡単に展開が可能なので、どのページにも数分程度で個人用デジタルコンシェルジュを作成できます。しかも、既存の Web およびモバイル インフラストラクチャはすべてそのまま使用できます。それだけでなく、熟練のIT担当者ではなくビジネスユーザーが、プログラムコードを使用せずに機能を構成することができます。

関連する参考情報

ホワイト・ペーパー

組織が今日の顧客の動向についていくためには、すべてのチャネルを通じて顧客を引き込む一貫性のあるカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要です。

ホワイト・ペーパー

ペガシステムズはForrester Consultingに対し、Total Economic Impact™(TEI)調査の実施と、Pega Customer Serviceを展開することで企業が実現する予想ROI (投資収益率)の調査を依頼しました。

データシート

お客様はチャネルの種類に関わらず、対話開始時点からスピーディで簡単、適切なサービス体験を期待します。しかしながら、大企業の顧客サービス部門の多くが、システムの高度化やスタッフ訓練に、満足のいく速さで十分な対応ができていません。

関連機能

Pega Social Engagement

ソーシャル顧客サービスチームを別の部門に割り当てることなく、Pega Social Engagement は幅広いチームの対応をすべてのカスタマー インタラクションにリンクさせます。

関連機能

Webとモバイルのマッシュアップ

Pega のユーザー インターフェイス コンポーネントをお客様の Web アプリケーションやモバイル アプリケーションに直接埋め込むと、Pega の内蔵サービス リクエスト機能とケースマネジメント機能を活用できます。

Pega がお客様のビジネスに提供するソリューション