デジタル プロセス オートメーションの実現

本当のデジタル変革は表面的な変化にとどまりません。 もっと深いところまで到達させる必要があります。 思考の幅をより大きくし、組織全体で仕事のやり方を考え直しましょう。 課題に直面しているなら、デジタル プロセス オートメーション (DPA) がソリューションになります。

「業務部門や IT 部門と連携し、プロセスに注目して最適化し、基本的にプロセスの 100% を自動化できました」

Chat Villarosa デジタル化 COE 担当ディレクター, シスコ

始める前に知っておくべき 3 つのこと

  • デジタル プロセス オートメーション (DPA) は単なるテクノロジーではありません。

    ビジネスプロセス管理 (BPM) やロボティックプロセスオートメーション (RPA) といったスタンドアロンのテクノロジーは既存のプロセスを自動化する一方、DPA は異なるテクノロジーを統合して組織全体を変革できます。 それはスタートからゴールに至る、オートメーションの包括的なアプローチとなります。

  • DPA は文字通り賢い働き方を支援します。

    DPA はリアルタイム インテリジェンスとデザイン思考を活用してプロセスを合理化し、企業の従業員とカスタマー エクスペリエンスを向上させます。

  • DPA はフロントオフィスやバックオフィスといった枠をはるかに超えるものです。

    構造的および技術的な制約は、組織全体のエクセレンスを達成する上で障害となるかもしれません。 DPA により業務部門と IT 部門が連携し、いつでもどこでも最高の結果をもたらすソフトウェアをデザインできます。

今こそ DPA を導入する時です

よくある過ちを回避し、オペレーショナル エクセレンスを達成する方法について学びましょう。

The Forrester Wave™: Real-Time Interaction Management, Q2 2017
統合プラットフォームのパワー

Forrester Wave™ によると、Pega は「高度に統合されたアジャイルアーキテクチャー」を企業に提供しています。

サイロ化システムから、 シームレスなエクスペリエンスへ。

変化への追随とは、フロントエンドにおいて最新のカスタマー エクスペリエンスを継続的に提供することを意味します。それと同時に、ビジネスクリティカルなバックエンドシステムも維持する必要があります。 

これら2つを同時に成立させるにはどうしたらいいでしょうか。サイロ化したチャネルを増やしてはいけませんし、すでに存在している多数の新アプリやプロセス間のデータギャップを拡大してはいけません。アーキテクチャーが分断されている場合、変更は難しく、拡張は困難で、お客様が期待するシームレスなエクスペリエンスは当然ながら提供できません。

デジタル プロセス オートメーション (DPA) であれば、フロントエンドのエクスペリエンスをバックエンドのレガシー システムにシームレスに接続することで、このトレードオフが回避されます。旧式のシステムをオープンで拡張可能なレイヤーで包み込んで更新 (Wrap and Renew) し、業務の成果を短期間で改善できます。情報のサイロ化からの脱却。これは、システムの制約がなくなることを意味します。

ジャーニー単位で仕事を完遂する

カスタマー ジャーニーにはすべて最終ゴールがあります。商品の購入、アカウントの開設、問題の解決などです。 デジタル プロセス オートメーション (DPA) はゴールにフォーカスします。  

組織で個別のタスクの自動化が行われると、最終的な成果を見失い、断片化されたシステム、個別のチャネル、サイロ化された部門など、ジャーニーに多くの問題が生じます。 DPA を活用すると、ジャーニーを中心とした視点でワークフローを再設計できます。バラバラのプロセスやシステムを連結して自動化し、業務効率を引き上げます。 その方法はAI をオペレーショナル インテリジェンスに転換し、上手くいっているものとそうでないものを評価できます。 次に、ケース マネジメントを活用し、進捗を可視化して管理します。  

それで、先に進みましょう。結果は選べます。 それもすばやく。

ミクロジャーニーが重要な理由

Pega創業者兼CEO(最高経営責任者)であるAlan Treflerは小さなインタラクションに集中することが大きなインパクトを生み出すと言います。

Low Code

ローコード成功の鍵

業務部門と IT 部門がより速く、より良く、連携する方法をご覧いただけます。

素早い進化。より良いコラボレーション。

単純でも複雑でも、アプリの構築に悪戦苦闘しているようでは困ったものです。 結局のところ、業務部門と IT 部門は同じことを目指しています。それは生産性と効率です。 デジタル プロセス オートメーション (DPA) は、イノベーションとコラボレーションの両方を実現します。  

DPA ではローコード開発の導入により生産性が加速されます。 ビジネス ユーザーと IT スタッフが要件をすり合わせ、ビジネス ルール、プロセス、オファーをローコードですばやく開発・実装します。  

Pega は業界最先端の DPA テクノロジーと、実績あるアジャイルおよびデザイン思考の導入手法を組み合わせることで、さらに一歩先を行っています。単なるローコード開発ではなく、真のノーコード開発を可能にするビジュアル ツールを使うことで、業務部門と IT 部門は要件文書やスペック シートをやり取りする手間を省いてソフトウェアを設計できるようになります。そのため、あらゆるレベルの開発者が、美しく将来性のある強力なアプリケーションをすばやく構築することができるようになります。そしてデジタルトランスフォーメーションを実現させるためには、その種のアプリケーションがどうしても必要です。

Customer quote background image Customer quote background image

顧客事例

DPA を導入して、投資対効果を大幅に上げた Pega の顧客事例をご覧いただけます。

「以前はシステムにアクセスするのに丸 1 日かかることもありました。 現在では、1 時間で済みます」

Andy Shope オペレーション担当取締役
ケーススタディを見る

「オートメーションの導入目標を定めることができ、最大の効果を上げることができました」

Michael Kempe 最高執行責任者
ケーススタディを見る

「Pega の可能性の上限はまだ見えていません」

Steve Power 注文管理サービス部門シニアディレクター
ケーススタディを見る

業務をエンドツーエンドで統合します。

Pega Platform

真のビジネス価値を提供できるノーコード アプリの開発。

詳細を見る

Pega Case Management

すべてのプロセスとタスクを管理し、ビジネス上の成果を達成します。

詳細を見る

Pega アプリ開発

ローコードのアプリ開発により、ニーズを先取りしたすばやい開発が可能です。

詳細を見る
Pega Robotic Automation

Pega の特許取得済みのオートメーション (人間が操作するPC上で動作) により、スマートな働き方を実現し、効率を向上させます。

詳細を見る