The Adaptive Digital Factory (日本語)

Internet of Everything の世界がエンド・ツー・エンド製造業と製品ライフサイクル管理にもたらすインパクト

モノのインターネット[1] は Internet of Everything、インダストリアル IoT[2]、マシン・ツー・マシン、または「インターネット接続デバイス」と呼ばれており、従来の製造業モデルを転換し、破壊する可能性を秘めています。この IoT のデバイス接続により、工場、製品ライフサイクル、サプライチェーン、および製造デバイス自体の管理方法を転換するまたとない機会が提供されます。

デジタル革命によりエンド・ツー・エンドでデジタル化された意思決定のビジネス プロセスとダイナミックケース[3] は、デジタル ファクトリーを実現するための不可欠な要素です。メーカーはモノのインターネットの機能を活用し、エッジデバイスに 24 時間 365 日接続でき、消費者とつながることができます。

  • 最適化された工場資産
  • 処方型保守
  • 機械の生涯価値
  • ビッグデータ予測型モデリング
  • 3D プリンティング[6] および IOT